千吉 銅賞 追入のみ を購入してみました。

IMG20201024145141.jpg

DIYを進めていくと、ほぞ組は外せない課題?だろうと勝手に思ってます。
なぜかと言うと、家具の扉や、机の脚組などを作るときには、必須の加工技術です。

ほぞ組み(ほぞぐみ)について(web抜粋)

ほぞ組みとは、脚物家具(椅子やソファなど脚付きの家具)に使われる木材の接合方法のひとつです。
ソファの木製フレームの組み立てにも使用される方法で、木材の端を突起状の「ほぞ」にし、隣接する別の木材の端に「ほぞ穴」を作りはめ込みにして接合し組み立てます。ほぞ組みを使うことによって釘を使わずに接合することができる上、接合部分に強度を出すことができ耐久性が増します。ほぞとほぞ穴の形は様々ありますが、形が複雑になるほど強度が高まります。この技法は古くから日本で用いられており、無垢材でなければできない接合方法です。


上記説明のとおり、ほぞ組には、凸側、凹側があり、それを組み合わせるによって強度を出すのですが、モノホンの大工さんみたいに、のこぎりと、「のみ」だけを使ってほぞ組を完成させるのは、なんとなくハードルが高い。いや、すごくハードルが高い。
ホゾ.jpg

そこで、活躍するのが、ルーターやトリマーです。

ただ、凸側は、ルーターやトリマーを使って切削するだけで、完成できるのですが、凹側はそうはいかないのです。
凹側は、ルーターやトリマーで削ったあとに、角の加工が必要になります。

どうゆうことかと言うと、例えば以下図の木材にほぞ穴をあけるとします。
ホゾ1.jpg

まずは、ルーターやトリマーで、ほぞ穴(凹)を掘ります。
するとこんな形のほぞ穴が掘れます。このままでは、角のついたぼぞ(凸)側は、入りません。
ホゾ2.jpg

そこで、「千吉のみ」の登場です。
ルーターやトリマーで切削したほぞ穴の丸い角を 点線に沿って「のみ」を使って彫り込みます。
ホゾ3.jpg

こうすることで、以下の図の様な形状(四角)のになり、角のついたぼぞ(凸)側が入ります。
ホゾ4.jpg

長々と話しましたが、この角を作るのに、どうしても「のみ」が必要だったのです。
角を作るのが、「のみ」の最大の役目みたいに話してしまいましたが、「のみ」は、角を作るだけではなく、ほぞの組合せ部分の微調整にも活躍します。
ほぞを実際に組んだ時に、入りにくい場合は、凸凹の接触部分を「のみ」で削って微調整できます。

もちろん、腕に自信のある方は、ルーターやトリマーを使わず、一から「のみ」で、ほぞ穴を掘ることもできます。と、言うか、それが本来の「のみ」の使い方ですね。(笑)

また、浅いほぞ穴であれば、マイルズクラフト(Milescraft) などが、コーナーチゼル(2220)という製品を出していて、これを使えば、「のみ」より簡単に角だしができます。蝶番を取り付ける溝をルーターやトリマーで加工した時などには、こちらの方が簡単なようです。もちろん、「のみ」があれば、わざわざ購入しなくても大丈夫です。

さて、「のみ」の使い方を紹介したところですが、なぜ「千吉のみ」にしたか?なのですが。。。。

3本組のコストパフォーマンスの高い「のみ」セットは、主に以下3セットがあります。これ以外にもあると思いますが、5千円前後のセットなら有名どころはこの3つだと思います。(もっと、安いものはありますが、せめてこのグレードを購入しておきたいところです)

①千吉 千吉銅賞 追入のみ 9・15・24mm 3本組

②高儀 儀助 追入のみ 9・15・24mm 3本組

③角利 利五郎 追入のみ 9・15・24mm 3本組

この中で、なんとなくですが、持ち手部分に丸みがあり、柄の部分の色も本職っぽい(個人の感想です)千吉のみを選んでみました。
まあ、早く言えば、ただの直感ですね。(笑)

以下に、千吉のみの写真を乗っけておきますので、参考にしてみてください。

開封前の写真
IMG20201024144912.jpg

裏紙を外したところ。
IMG20201024145340.jpg

のみを取り出してみました。(刃の部分には保護ビニールがついてます)
IMG20201024145245.jpg

裏紙の説明です。
IMG20201024145403.jpg

千吉のみを買っただけの話でしたが。。。。今日はこの辺で! アディオス。


スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事へのコメント

スポンサーリンク