HUAWEI(ファーウェイ) スマートウォッチ Band 7 を買ってみた。

こんにちは! xactifansです!

今回は、HUAWEI スマートウォッチ Band 7 を買ってみたお話。

コロナ過で、登山に行かなくなり、ランニングやウォーキングなどのトレーニングから遠ざかって早2年。。。。
体重+10Kg。。。。。これはヤバイと思いトレーニングを思い立つ(笑)。

やっぱ、トレーニングには活動量計が必要しょ!
と、amazon 物色~!

色々と機能を追及すると、1万円を超えるので、そこそこ機能で1万円以下のメーカー品を探してたんですが。。。。

なぜか直感的に、デザインが気に入っしまい HUAWEI Band 7 の商品ページに移動。

その後、お手頃なお値段(7千円)であるに気づき、速攻ポチッちゃいました(笑)。

と言うことで到着したのがこいつです。
IMG_20220709_124158.jpg
梱包内容は、Band7本体、充電ケーブル、マニュアル類のシンプルな構成
IMG_20220709_124552.jpg
充電は、Band7裏面の端子に、充電ケーブルの端子を合わせるだけ!
(マグネット式なので、結構カッチリとはまる感じです)
IMG_20220709_124758.jpg
で、充電後、Band7を着けて、ちょっとウォーキングしてみました。
(オヤジの腕毛全開で、なんか、すいません)
IMG_20220709_065256.jpg
小さいながら画面も見やすいです。

あと、一番うれしかったのは軽さ!
本体重さ16g(ベルト含まず) で、装着感が良く、着けてることが全く気にならない! これは良い!

また、操作性についても専用アプリとの連携が良く考えられてて、Band7からの様々な情報が簡単に管理できるし、ファームの更新などもアプリから一発でできます。
Screenshot_20220709-130146.png
Screenshot_20220709-130310.png
Screenshot_20220709-130456.png
それから、時計画面も色々と選べるのがいいですね(今時のスマートウォッチはどこのメーカーも同じか?)。
とりあえず今は、写真の画面が気に入ってます。
(繰り返しますが、オヤジの腕毛全開で、なんか、すいません)
IMG_20220709_070715.jpg
今回紹介したのは、Band7の機能の一部でしかないのですが、画面スライドで、メッセージ関連の閲覧、天気、心拍数計測、血中酸素レベル測定などが選択でき、そのほかにも豊富な機能があります。

正直、相当気に入ってます! これなら、トレーニングに前向きになれます(笑)

皆さんも、活動量計買うなら、HUAWEI Band7 を候補に上げてみてはどうでしょうか?

今日は、この辺で、アディオス!

※最後に、なぜだか?写真だとBand7が、かなり大き目に写ってますが、本体は、縦44.35 x 横26 x 厚さ9.99 mmのコンパクトサイズです



スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事へのコメント

スポンサーリンク